DROBEのスタイリストたちの、スタイリングのこだわりやプライベートを紹介する「スタイリスト紹介シリーズ」。今回は、等身大の大人カジュアルなスタイリングが得意で、笑顔が素敵なSakiさんにお話を伺いました。

Sakiさんプロフィール

  • 趣味:旅行(国内も海外も好きです)、最近ヨガを始めました
  • 好きな音楽:Vaundy、藤井風、大橋トリオ、ハナレグミ、aimyon
  • 休日の過ごし方: カフェで過ごしたり、お酒も好きなのでSNSでリサーチしたお店に友人とごはんに行ったり
  • 好きな色:ベージュ、ホワイト、イエロー、ブルー、グリーン
  • 好きなファッションテイスト:大人カジュアル
  • よく読む雑誌:毎月一通りチェックしますが、個人的に好きなのは、&Premiam、GINZA、GISELe です
  • よく見るSNS:Instagram、YouTube

SakiさんのInstagramアカウント:https://www.instagram.com/drobe_saki/

「DROBEの人気アイテム・私服を紹介しています。お客様とのコミュニケーションの場になればと思っているので、気軽にフォロー・コメントいただければ嬉しいです!」

最近の私服コーデ。(左)キルティングコートは今季のROPE' mademoiselle。デニム合わせでもちょっと上品に見せてくれるところがお気に入り。(左)のっぺりしがちなワントーンコーデは、アクセントになるパールがついたベルトや、シルバーのバレエシューズで遊びを効かせると、まとまり良く着こなせます。

姉の影響で少し背伸びしたおしゃれが好きだった学生時代

思い起こすと、小学生のころ、好きな漫画のキャラクターが着ている服だけをノートにたくさん描いていました。あまり自覚はないですが、きっとその頃から、すごく洋服に興味があったんだと思います。

好きな漫画の洋服を暇さえあればノートに描いていました。一冊まるまるこんな感じです(笑)

中学・高校のころは、姉の影響から同世代の友人よりも少し大人びたファッションが好きでした。当時住んでいたのは埼玉ですが、夏休みなどの長期休暇を利用して原宿や池袋にお小遣いを握りしめて行き、お小遣いで買える範囲のお洋服を頑張って探してオシャレをするのが楽しみでした。姉の服もクローゼットから引っ張り出してよく借りてましたね。その頃から、自分が着ているものを周囲に褒められることが増え、「自分の得意なことはファッションなんだ!」と自覚するようになりました。

セレクトショップで学生アルバイト。お客さまからの感謝のメッセージ

大学時代には、ファッションについて学ぼうと地元のセレクトショップでアルバイトを始めました。社員さんと違い働ける時間に制限がある中で、どんどん入れ替わる商品の知識に追いつくのがとても大変だったことを覚えています。

学生時代のバイト先のショップの先輩方と。いろいろなことを教わり、とても恵まれた環境でした!

そのころの自分は、怖いもの知らずだったというか…。お客さまにも無邪気にどんどん話しかけていました。その結果、ショップが入っているファッションビルのご意見箱に、私宛にお客さまから直筆の感謝のメッセージをいただくことができたんです。「Sakiさんが楽しそうにたくさんのお洋服を提案してくれて、充実したお買い物ができました」という内容でした。いちアルバイトの自分が、お客さまに感謝いただけるようなお買い物体験をご提供できたことが、とても嬉しく印象深い思い出です。

アパレル店員として初めてお客様からいただいた、感謝のメッセージ。とても嬉しかったです!

就職活動を辞め、渡米。アメリカで出会ったパーソナルスタイリング

その後、アパレルバイヤーを目指し、就職活動中は販売以外の裏側も見てみたいと、ECサイトを運営している会社での長期インターンに挑戦しました。半年ほど続けたのですが、お客さまの顔もわからないまま、プロモーションを繰り返し売り上げを追い続ける先輩社員さんたちの姿を見て、自分がやりたいことがわからなくなってしまったんです。結果、就職活動を辞めて、卒業後は一年間、自分を見つめ直すための期間に充てました。

米国滞在中。海外では日本にいるときよりも派手な色や柄を着るのが好きでした。LAでのお気に入りの古着屋さんも、鮮やかな印象のアイテムがたくさん!

日本在住の外国人の方々とシェアハウスをしていたご縁で、アメリカにも半年ほど滞在しました。そこで、すごくお気に入りのショップに出会ったんです。ボタニカルな雰囲気の内装もすごく可愛くて。「ここで働きたい!」とサイトを調べていたら、そのショップがパーソナルスタイリングサービスをしていることを知りました。

パーソナルスタイリングに出会うきっかけになったショップで購入した服。年を重ねても、着こなしを変えて長く大切に着たい一枚です。

自分の得意なことで、本質的にお客さまのお役に立てるのはこの仕事なのではないかと直感し、日本に帰国。販売員経験を経て、DROBEでパーソナルスタイリストとしてのキャリアをスタートしました。自分がやりたい仕事に出会えたのは、とても幸運だったと思います。

「世界観が伝わるようなスタイリング」を目指したい

販売員時代はそのショップのテイストが好きなお客さまがご来店してくれますが、DROBEにはそれぞれの「好き」があるお客さまがいらっしゃいます。「自分の引き出しの幅を増やさないと」と思い、ファッション雑誌は一通り読むようになりましたし、街を歩いている女性もみんなお客さまだと思ってよく観察するようになりました。

私が目指すのは“世界観が伝わるようなスタイリング”。アイテムがバラバラに存在しているのではなく、色や柄や小物も含めて、ひと目でその人の雰囲気が伝わるようなスタイリングをしてさしあげたいと日々思っています。

私自身、色や柄が好きなので、色柄の組み合わせにはちょっと自信があります(笑)。

最近は冬物のペールトーン(淡く澄んだ色)が気になって、つい買ってしまいます。ホワイト系のボトムスやアウターで合わせるのが好きです。

我慢しないおしゃれがモットーの「大人カジュアル」スタイル

自分が着るものは、基本的に「着心地の良さ」にこだわっています。我慢しないおしゃれがモットーで、着心地が良くて楽なんだけど、カジュアルすぎない「大人カジュアル」スタイルです。アクセサリーを大人っぽくしたり、デニムにバレエシューズを合わせて女性らしくしたり、キレイめ過ぎたらキャップで外す、など意識しています。

最近の心が踊った組み合わせ。DROBEでも扱っているチェック柄アウターから、色物のカーディガンをチラッと見せる着こなし。デニムやキャップでラフに崩しつつ、足元はローファーでカッチリ度もプラス。

最近は色物のセーターがお気に入りでよく着ています。色って、似合う似合わないがあるので、自分を表しているような気がするんです。それは必ずしもパーソナルカラーだけの問題じゃなく、顔の作りとか、キャラクターとか、その人らしさがでますよね。だから、自分に似合う色を着て、「これが自分だ」と表現するのが好きなのかもしれません。

新しい組み合わせに出会ったときの楽しさを、スタイリストの力で感じてほしい

もしおしゃれをすることに煩わしさを感じているお客さまがいれば、DROBEで解消していただきたいなと思います。流行を追い続けるには、今は情報量が多すぎて大変ですよね。私のことを、「ファッションに詳しい友人」のように感じていただき、気軽に相談いただけたらとても嬉しいです。

ファッションは、私にとっては楽しいもの。お気に入りの洋服を着ると、最強の気分になれるんです。なので、洋服には力があると信じています。特に、今までしなかった組み合わせがハマったときの楽しさってすごいんです。でも、自分一人で洋服を選ぶとなかなかそういった発見に出会うのが難しいと思うので、私たちスタイリストの力で、新しい発見や楽しさを感じていただけたらと思っています。

---

DROBE (ドローブ)」は、あなたに合った商品をプロが提案し、自宅にお届けするパーソナルスタイリングサービスです!

180以上のブランドから、プロがあなたのためだけにスタイリング♪

自宅で試着し、気に入ったアイテムがあればそのまま購入。忙しくて時間がない人も手軽にお買い物ができますよ!購入しないアイテムは箱に戻して返送するだけ。

3分で完了!無料でできるパーソナルスタイリング診断」もお試しください。

Instagramもチェック♪

DROBE (ドローブ) のInstagramでは、おすすめのコーディネートを毎日ご紹介しています。