DROBEのスタイリストたちの、スタイリングのこだわりやプライベートを紹介する「スタイリスト紹介シリーズ」。今回は、お客さまへの思いが人一倍強い真面目な性格で、きれいめカジュアルコーデが得意の、Sayakaさんにお話を伺いました。

Sayakaさんプロフィール

  • 趣味:読書、ゲーム、LIVE鑑賞
  • 好きな音楽:関ジャニ∞、Superfly、家入レオ、AAA、Jpopをよく聞きます
  • 休日の過ごし方: 読書。ゲーム。ライブのDVDや配信ライブを見ます!
  • 好きな色:ブルー、パープル、イエロー
  • 好きなファッションテイスト:キレイめカジュアル
  • よく読む雑誌:MORE、Ray
  • よく見るSNS:Instagram

SayakaさんのInstagramアカウント:https://www.instagram.com/drobe_sayaka/

「DROBEのアイテムや私服のコーディネートをご紹介しています!お気軽にフォローしてください!」

最近の私服コーデ(左)冬にたくさん着たいと思っている優しいカラーのニット。メリハリをつけるため、スカートは濃い色を合わせて。(右)ノーカラーのコートは、前を閉じずにさっと羽織るだけでスタイリングが決まる優秀アイテム。色は自分にしては珍しく、ブラウンカラーをチョイスしました。

未経験の婦人服部門への配属に、不安でいっぱいの社会人スタート

実は、私はDROBEの他のスタイリストと違い、もともとファッション業界志望ではなかったんです。父親が百貨店の食品部門で働いており、小さい頃から店頭に立つ父の姿を見ていました。子ども心にも、食品フロアはいつも賑やかでワクワクする場所。そこで堂々と、周囲に頼られ働く父に憧れて、自分も百貨店に入社。第一希望は「食品」部門でした。

中学時代は吹奏楽部でコンクールに向けて一年中制服で練習、高校時代はハンドボール部のマネージャーとして一年中ジャージ姿で練習に参加するような青春時代を過ごし、当時の私は服に対してそこまでこだわりを持てていなかったんです。でも、蓋を開けてみたら配属は「婦人服」。最初は不安でいっぱいでした。

販売員の先輩や作り手の熱い想いに、婦人服への覚悟が固まる

郊外の店舗で、自社のプライベートブランドを扱う売り場に配属されました。同じ店舗に配属された同期は私以外にはたった一人。その子もフロアが違い、周囲に同世代の社員は一人もいません。一番年齢が近い先輩でも8つ上で、その方が私の教育係になりました。

先輩方はとても優しかったのですが、自分は圧倒的に年下で、婦人服については素人。自信のなさから、わからないことを質問することすらできない状態でした。でも、ある時、教育係の先輩に「あなたは新人で、いきなりできるわけがない。みんなにもっと頼りなさい」と声をかけていただき、そこから少しずつ私の意識も変わりました。

販売員時代。販売の基本はもちろん、社会人としての基本までたくさんのことを学びました!夏には浴衣を着て接客したり、イベントにも積極的なお店でした。

プライベートブランドを扱っていたこともあり、作り手やバイヤーが、よく店舗にきて商品の説明をしてくれる機会があったのも幸運でした。作り手の商品にかける熱い想いを聞き、「こんなにいいものなのだからしっかり売らないと!」という気持ちで、どんどん仕事にのめり込んでいきました。

自信のない私にまっすぐ向き合ってくれた先輩や、商品に真剣に向き合う作り手の皆さんが本当にかっこ良く、気がついたら「婦人服でずっとやっていきたい」という覚悟ができていました。

お客さまに提案することの責任を胸に、骨格やカラーの勉強も

DROBEには一年ほど前に参画しました。直接のきっかけは働いていた店舗が閉鎖したことですが、専門学校でPCの勉強をしていたこともあり、PCスキルが生かせるのではと考えたのも理由です。

店頭でもスタイリング提案をすることはありましたが、スタイリングに専念した業務は初めて。でも、お客さまにとって、私が新人だということは関係ありません。ひとりのスタイリストとしてお客さまにコーディネートを提案することの責任を強く感じ、終業後も、個人的に骨格やカラーの知識を勉強したり、先輩スタイリストのスタイリングテクニックを見て盗んだり、とにかく努力しました。

DROBEのスタイリストたちとのInstagram撮影。ご紹介したいアイテムのコーディネートを考えられる場所であり、先輩スタイリストのコーディネートを見れるチャンスでもあるので、いつもワクワクします!

今年の秋冬はプリーツスカート。普段は着ないアニマル柄にチャレンジ

私にとって洋服は、スイッチを切り替えるためのもの。少し驚かれることもあるのですが、家でも寝るときのパジャマ以外は、外出用の服を着ています。

得意なコーディネートは「きれいめカジュアル」。シーズンの切り替わりに、直感的に「今年はこれが着たい!」というアイテムがあるので、それを中心に買い物をします。今年の秋冬はプリーツスカートがお気に入り。普段自分で選ぶとどうしてもシンプルなものになりがちなのですが、DROBEで一緒に働いているKanakoさんが「柄物も着てみなよ!」とオススメしてくれたので、今年はアニマル柄のスカートに挑戦してみました。

今シーズン、プリーツスカートは無地と柄物を。(左)無地は一目惚れしたブルー。好きな色なのでテンションも上がります!(右)私の中でのTRYアイテムのアニマル柄はブラック。ベーシックカラーなので着回しやすくて重宝しています。

お客さまの「着てみたい」気持ちに何がなんでも応えたい

もともとファッション業界志望ではなかった私も、今ではファッションを楽しみ、自分の着たいものを見つけることができています。お客さまの中にも、なんとなくでも「こういうものが着てみたい」というアイテムがきっとあるんじゃないでしょうか。
お客さまに欲しいと伝えていただいたものは、何がなんでも期待に応えたいと思うので、頑張って探します!なので、ご要望や思っていることを気軽に伝えいただきたいです。

私のお気に入りのアイテムたち。(左)マフラーやストールはコーディネートに合わせて使い分けています。(右)大好きなフーディ。今年は裏起毛やニットタイプを追加!いつものアイテムでも、色やデザインを変化させれば新鮮に決まるので毎年チェックします◎

自分だけの気になるポイントにも、寄り添ったご提案をしたい

私自身、中学生の時に背中の手術をしていて、背中の傷を気にしながら洋服を選んでいた時期がありました。私のように傷じゃなくても、体型だったり、お客さまの中にもそれぞれ気になるポイントが少なからずあるんじゃないかなと思います。誰に言うものでもないような自分が気になるところも、私たちスタイリストにはお伝えいただければ、気になるところに寄り添ったご提案ができると思います。

私自身、今までたくさんの人に支えられて今があると感じているので、自分も、DROBEのお客さまやファッションで悩んでる方の手助けをできればと思っています。今後もDROBEでのスタイリングを通じて、お客さまのお役に立てるよう頑張っていきたいです。

---

DROBE (ドローブ)」は、あなたに合った商品をプロが提案し、自宅にお届けするパーソナルスタイリングサービスです!

180以上のブランドから、プロがあなたのためだけにスタイリング♪

自宅で試着し、気に入ったアイテムがあればそのまま購入。忙しくて時間がない人も手軽にお買い物ができますよ!購入しないアイテムは箱に戻して返送するだけ。

3分で完了!無料でできるパーソナルスタイリング診断」もお試しください。

Instagramもチェック♪

DROBE (ドローブ) のInstagramでは、おすすめのコーディネートを毎日ご紹介しています。